こちらでは医院からのNewsや歯に関するトピックなどをご案内しております。

2012.10.31

妊婦の歯が弱くなるのはなぜ?

ふつう、妊娠していない女性が一日に必要とするカルシウム摂取量は600ミリグラムですが、妊婦の場合は、900ミリグラムに一気に上昇します。そのため、妊婦はカルシウム不足で歯が弱くなりやすいと思われがちです。

確かに妊婦は歯のトラブルを起こしやすいものですが、主な原因はカルシウム不足ではなく、女性ホルモンの過剰な分泌にあると考えられています。

女性ホルモンには、ある特定の種類の歯周病菌を増やす性質があります。そのため、妊娠して女性ホルモンの分泌が過剰になると、歯グキが炎症を起こし歯磨きがしづらくなり、その結果として、歯の健康が損なわれやすいのです。

また同時に妊娠中は唾液の分泌が減ったり免疫力(病気から体を守る力)が衰えたりしやくすなるため、歯周病や虫歯を招く危険がより高くなります。

とはいえ、カルシウム不足が進むと歯や骨が弱くなるのも事実。

妊娠中は、丁寧な歯磨きと並行してカルシウムの補給もこころがけると良いでしょう。


News一覧

pagetop