こちらでは医院からのNewsや歯に関するトピックなどをご案内しております。

2004.7.31

口内炎ってなに?

口内炎にも様々な原因や症状がありますが、主なものには”体の抵抗力が落ちてできるもの”、”ウイルスやカビが原因となるもの”、”アレルギーがかかわるもの”などがあります。一般的に口内炎といえば、”口の中に白く痛いくぼみが1つか2つポツンとできます。これをアフタと言い、寝不足・疲れ・ビタミン不足・ホルモンバランスの乱れが原因とされています。つまり”体調のバロメーターと言っていいでしょう!

疲労やビタミン不足で粘膜が弱くなっているところに、歯のかみ傷などがきっかけとなってアフタができるのです。また、口の周囲には普段は悪さをしないウイルスが住みついています。これらも体の抵抗力が落ちると、口内炎の原因になります(=ウイルス性口内炎)。

口内炎を防ぐには”口の中の乾燥を防ぐ努力”が大切です。口の中は”適度な湿度”と”唾液の殺菌作用”によってウイルスの繁殖や炎症を防止しているので、こまめに水分を補強することを心がけてください。ちなみに、水分補給には体液と浸透圧が近いタイプのスポーツドリンクがおすすめです!

また、”口呼吸を避けて、鼻呼吸を維持すること”も乾燥を防ぐために重要です。歯みがきをきちんとして、口の中を清潔に保つと口内炎が起こりにくくなるので、予防に効果的です。

口内炎の発症は、体調とも大きく関係しています。夜更かし・飲みすぎ・ファーストフード中心の食事といった生活は、まさに口内炎の素地を作っているようなものなのです。口内炎は、規則正しい生活習慣を身につけて”予防”することを心がけましょう!

News一覧

pagetop