こちらでは医院からのNewsや歯に関するトピックなどをご案内しております。

2004.2.28

保険の治療費はこうして決まる

「この前は治療費が2060円だったのに、今日は180円・・・同じ歯の治療で特別なことをしてもらっていないのに、なぜこんなに違うの?」といった疑問をもたれる方がよくあるそうです。

ごもっともな疑問だと思います。実際のところ、健康保険の規則は非常に複雑で、分かりにくいものになっています。現行の制度では、治療費の算定は点数でおこない、1点=10円として計算します。保険の点数は、初診か再診か・前歯か奥歯か・麻酔をするかしないか、また使う薬の違いなどにより細かく決められます。

例えば、腐った大臼歯の治療の場合、初回は685点、2回目からは61点、治療の仕上げの時には909点と変わります。また、虫歯で穴の空いた歯を埋めたり金属をかぶせたり、抜けた歯を補うブリッジや入れ歯も、治療方法や使用材料で異なります。歯周病や虫歯などの指導管理料も初診月と再診月で違うなど、大変分かりにくいものもあります。

このように決まる治療費のうち、保険の種類や年齢・所得によって決まった割合(1〜3割)を、患者さんが負担することになっています。治療を受ける側・おこなう側双方にとって、分かりやすく・納得できる点数の決め方にしてほしいものです。

News一覧

pagetop