こちらでは医院からのNewsや歯に関するトピックなどをご案内しております。

2003.11.30

親知らずは抜いた方がいいの?

”親知らず”とは、一番奥に生える3番目の大臼歯のことで、上下左右で合計4本あります。親知らずは誰もが生えるものではなく、まったく生えない人や全部そろっていない人も多いのです。

もし、正常に4本とも生えてきたら、他の歯と同じように大切にしてください。問題は、きちんと生えていない親知らずです。

例えば、歯グキの横から生えてきたり、生えそこなって歯グキの中で横向きに潜ったままになっている場合です。

親知らずがきちんと生えなかったときには・・・

  1. 食べ物のカスなどがたまりやすく、歯ブラシも届きにくいので、むし歯の原因になりやすい。
  2. 親知らずのせいで歯肉炎を起こすことがある。
  3. 隣りの歯を押して、歯並びや噛み合わせを悪くする。などを、引き起こすことがあります。

むし歯になったり他の歯や顎の関節に負担をかけている時などは、抜いた方がいいでしょう!しかし他の歯が助からない時に、親知らずを移植するために残しておくこともあります。それぞれの状態で、「抜くか抜かないか」の判断は変わってきますので、担当の歯科医にご相談ください。

News一覧

pagetop